1924年
  • 5月27日 創業社長・矢﨑貞美が15歳で長野県諏訪郡中洲村(現:諏訪市中洲)から大志を抱いて上京し、日本橋の「森田商会」に入社
1929年
  • ミツヤ電線を設立
  • 創業社長・矢﨑貞美が個人経営で「自動車用組電線(以下 W/H と表記)」販売開始
1938年
  • 「合資会社矢崎電線営業部」を設立
1939年
  • 東京都荒川区に「尾久工場」開設、一般電線ならびに W/H 生産開始
法人・拠点の設立
新製品・技術・サービス
その他
1941年
  • 「矢崎電線工業株式会社」設立、「合資会社矢崎電線営業部」吸収合併
1943年
  • 「鷲津工場(現:牧之原工場 鷲津分工場)」開設
1947年
  • 東京都港区西新橋に本社事務所開設
1948年
  • 「島田工場(現:島田製作所)」開設
1949年
  • 日本初の「自動車用ビニル電線」発売
1950年
  • 「東洋時計株式会社」より自動車メーター部門を分離、「日本自動車計器株式会社」設立、東京都港区芝浦でメーター生産開始
1951年
  • 沼津工場(現:沼津製作所)開設、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡に支店開設
1955年
  • 業界初の「PVC 電線」発売
1957年
  • 日本初の回転式溶解炉(トーマス炉)を「沼津工場」に導入
1958年
  • 日本初の「パーキングメーター」発売
  • 「矢崎健康保険組合」設立
1959年
  • 「矢崎部品株式会社」設立
  • 「日本自動車計器株式会社」を「矢崎計器株式会社」に社名変更
  • 「天竜工場」開設
  • 矢崎ニュース創刊
1960年
  • 「御殿場製作所」開設
  • 日本初のタコグラフ「TCO-8」発売
  • 器具用電線等が電線として日本初のUL規格認証取得
1961年
  • 「裾野工場(黄瀬川工場を経て、現:裾野製作所)」開設
  • 木製ドラム、ビニルテープの生産と屑線処理開始
  • 矢崎義塾 発足
1962年
  • 「大浜工場」開設
  • 「クリスマス電線セット」のUL規格認証取得に伴い、米国で発売
1963年
  • 「浜名製作所」開設
  • 「矢崎電線工業株式会社」を「矢崎総業株式会社」に改称、製造部門を「矢崎電線株式会社」として分離設立
  • 日本初のLP ガスメーター「LP10」発売
  • 「全矢崎労働組合」設立
  • 玉川大学委託学生制度開始(~1981)
1964年
  • 「矢崎資源株式会社」設立
  • 玉川学園と提携し、通信教育制度「富士高校」設立(~1973)
1965年
  • 「矢﨑工機株式会社」設立
1966年
  • 産業能率大学の通信教育制度開始
1967年
  • 「榛原工場(現:ものづくりセンター)」開設
  • 「タクシーメーター」発売
1968年
  • 「沼津センター」開設(管理部門を集約)
  • 浪速女子短期大学の通信教育制度開始(~1974)
1970年
  • 吸収冷温水機「アロエース」発売
1971年
  • 「富士工場」開設
  • LP ガス警報器「アロッ子」発売
1973年
  • 「新見作業所(現:新見工場)」開設
  • 「栃木製造所(現:栃木工場)」開設
  • 天皇皇后両陛下、一休荘にお立ち寄り
1974年
  • 創業社長・矢﨑貞美急逝(64歳)、矢﨑裕彦が社長に就任
  • 「浜名製作所」に世界初の太陽熱利用冷暖房給湯システムを備えた「矢崎実験ソーラーハウス」完成
  • 電子式タクシーメーター「アロフレンド8」発売
1976年
  • 東京都港区三田に本社移転
  • 太陽熱温水器「ゆワイター」発売
1977年
  • 太陽熱集熱器「ブルーパネル」、「温水焚アロエース」発売
  • 国内サマーキャンプ初開催
1978年
  • 5月27日を創業の日に決定
  • 「浜松工場」開設
1979年
  • 「自動車用ジャンクションブロック」生産開始
1980年
  • 「竜洋製造所」開設
  • 運行管理システム「YAZACシステム」発売
1982年
  • 静岡県裾野市に「矢崎技術開発センター(現:技術研究所)」開設
  • 「矢崎科学技術振興記念財団」設立
  • 豊田工業大学留学制度 開始
1983年
  • ソーラー給湯システム「あっちっち」発売
1984年
  • 「自動車用圧縮導体薄肉型低圧電線」生産開始
1985年
  • 静岡県榛原郡榛原町(現:牧之原市)に「矢崎電子技術センター」開設
  • 海外サマーキャンプ初開催
1986年
  • 「大坂製造所(現:大東工場)」開設
  • 静電気・電磁波の障害対策品「エースミック」発売
  • LPガス総合安全システム「ブルドッグ」発売
1987年
  • 日本初のタクシー領収書発行機「タクシーマルチプリンタ」発売
  • アナログ電気式の文字板全面透過照明を採用した「コンビネーションメーター」生産開始
  • 「自動車用ノンハロゲン難燃ケーブル」生産開始
1988年
  • サマーキャンプ in Japan初開催
1990年
  • マサチューセッツ工科大学留学制度開始(~2005)
1991年
  • 沖縄県伊江島に矢崎休暇村開設
1992年
  • 矢崎厚生年金基金制度(現:矢崎企業年金基金) 開始
1993年
  • 海外アドベンチャースクール初開催
1994年
  • 矢崎インターナショナルQCC発表大会初開催
1995年
  • 世界初の「アナログ虚像表示メーター」生産開始
1996年
  • 「農業事業」開始
  • 静岡県御殿場市に「矢崎富士研修センター」開設
1997年
  • 「矢崎地球環境憲章」制定
1998年
  • 静岡県裾野市に「Y-CITY」開設、本社機能を集約
  • 「エコロジーケーブル」生産開始
1999年
  • 業界初のデジタルタコグラフ「DTG1」発売
  • 「鉛フリービニルテープ」、「エコロジーテープ」発売
  • ETC車載器「ETC-YT1」発売
2000年
  • 「保土沢工場(現:裾野製作所 保土沢分工場)」開設
  • 矢崎バレンテ 東海社会人サッカーリーグ初優勝
2002年
  • 矢﨑裕彦が会長に専任、矢﨑信二が社長に就任
2003年
  • 業界初のビニル電線・ケーブルの全面鉛フリー化
2004年
  • 「環境・リサイクル事業」開始
  • 「積載重量表示計」発売
2006年
  • 「Y-CITY」にヤザキケアセンター「紙ふうせん」設立
  • 「食品リサイクル事業」開始
  • ドライブレコーダー「YAZAC-eye」発売
  • 高知県高岡郡梼原町の「森林ボランティア協働の森づくり事業」に初参加
2008年
  • 高知県高岡郡梼原町に第三セクター「ゆすはらペレット株式会社」の木質ペレット工場開設
  • 世界初の木質ペレット焚吸収冷温水機「バイオアロエース」発売
  • 商用車等の運行状況を管理できる「矢崎テレマティクスサービス」開始
2009年
  • 業界初のLPガス用超音波式ガスメーター「U-Smart」発売
2010年
  • 東京電力、デンソーと共同開発した「エコキュート・ソーラーヒート」発売
  • 「やわらか」電線600Vシリーズ発売
  • アース付VVF電線「エフアース」発売
2012年
  • 「矢崎エナジーシステム株式会社」設立
  • 静岡県牧之原市に「ものづくりセンター」開設
  • 業界初の「ポータブルLPガス発電システム」発売
2014年
  • 電気自動車・プラグインハイブリッド車用AC普通充電器「iesta」発売
  • 世界初のW/Hで使われる銅資源の「Car to Carリサイクル技術」をトヨタ自動車、豊田通商と共同開発
2015年
  • ハイブリッドデジタルタコグラフ「DTG7」発売
2016年
  • 神奈川県海老名市に「東日本物流センター」開設
  • デジタルタコグラフ一体型タクシーメーター「アロフレンド27」発売
  • ASEAN 地域において「IoTテレマティクスサービス」を開始