矢崎グループのCSR

トップページ > 矢崎グループのCSR > 矢崎グループ人権方針

矢崎グループ人権方針

矢崎グループは、社是に掲げる「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」を軸に、ものづくりを通じて社会に貢献したいという一貫した想いでグローバルな事業活動を行う上で、矢崎グループの全ての活動が人権尊重を前提に成り立っているものでなければならないと認識しています。私たちは、人が生まれながらにして持つ基本的権利である人権を尊重する責任を果たすよう努力してまいります。

1.人権尊重に関連した法令や規範の遵守
矢崎グループは、人権を侵害しないこと、また、事業活動によりもたらし得る人権に対する負の影響に適切に対応することで、人権尊重の責任を果たすことをめざします。そのために「国際人権章典(世界人権宣言と国際人権規約)」および国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」等の人権に関する国際規範を支持、尊重します。
事業活動を行うそれぞれの国または地域において、適用される法令および規制を遵守します。また、人権に関する国際規範と適用される法令等の間に矛盾がある場合は、国際的な人権の原則を尊重するための方法を追求していきます。
2.適用範囲
人権尊重の責任は、矢崎グループのすべての役員と従業員に適用します。
また、お取引先や矢崎グループの事業、サービスに直接関わる関係者に対しても、本方針に賛同し、人権の尊重に努めていただくよう求めていきます。
3.矢崎グループの方針類との関係
この方針は、人権尊重に関する矢崎グループの基本的な方針を定めるものであり、人権尊重に関連する個別の関連方針や文書(CSR方針、責任ある鉱物調達方針、行動基準、その他の方針やガイドライン等)の上位に位置づけられます。
4.人権尊重の責任への対応
矢崎グループは国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」の実行を通じて、人権尊重の責任を果たすことを宣言します。具体的な対応は以下のとおりです。

人権デュー・ディリジェンス

矢崎グループは人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、これを継続的に実施していきます。人権デュー・ディリジェンスには、潜在的または実際の人権への負の影響の評価やリスクを防止または軽減するための措置を講じることが含まれます。矢崎グループは、人権への影響やリスクに効果的に対処するため、こうした措置の効果を継続的に検証していきます。

報告と開示

矢崎グループは、本方針に基づく取り組みの状況を継続的に開示していきます。

救済手段

矢崎グループが人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれを助長したことが明らかになった場合、適切な調査・対応を通じて、救済に取り組みます。

教育

矢崎グループは、本方針が矢崎グループ全ての活動に組み込まれるよう、適切な教育および能力開発を行っていきます。

対話・協議

矢崎グループは、独立した外部からの人権に関する専門知識を活用しつつ、人権に対する潜在的および実際の影響に対する措置について、関連するステークホルダーと対話・協議を行っていきます。

2020年10月28日 矢崎総業株式会社 取締役会承認