新着情報

トップページ > 新着情報一覧 > 新着情報詳細

新着情報詳細

2016年10月11日
矢崎総業株式会社

サモアでの生産終了を決定

矢崎総業株式会社(社長:矢ア信二、資本金:31億9,150万円、本社:東京都港区)は、サモア現地法人である矢崎EDSサモア株式会社でのワイヤーハーネスの生産を終了することを決定しました。

当社は、1991年にオーストラリアにおける生産会社の分工場としてサモアに拠点を設立、その後、1995年に矢崎EDSサモア株式会社として分社化しました。当社がサモアで事業を開始してから今年で25年を迎えましたが、この度、当社が製品を納めている自動車メーカーのオーストラリアでの生産事業撤退に伴い、当地での生産を終了することとしました。

本日、10月11日に従業員、ならびに日本、サモア両政府関係者に対し本件に関する説明をしました。今回の決定により影響を受ける従業員には、再就職支援など最大限の配慮とサポートをしてまいります。

現地の具体的な生産終了時期はお客様である自動車メーカーの撤退時期に基づき検討してまいりますが、それまでは従来通りワイヤーハーネス生産を行い、お客様に対し最後まで「品質・納期・安全」についての責任を果たす所存です。

最後になりますが、25年間にわたりサモアでの生産事業を支えていただいたサモア政府とサモア国民に深く御礼申し上げるとともに、引き続きサモアの成長戦略の推進に対する当社としての貢献のあり方を検討してまいります。

[矢崎EDSサモア株式会社の概要]
1.社 長 Craig O'Donohue
2.所在地 サモア独立国アピア
3.設 立 1995年
4.従業員数 約760人(2016年9月時点)
5.事業内容 自動車用ワイヤーハーネス製造・販売

以 上