新着情報

トップページ > 新着情報一覧 > 新着情報詳細

新着情報詳細

施設園芸ハウス用暖房機
「矢崎・木質ペレット焚ハウス用温風機AH−AP10」新発売
木質バイオマスエネルギー利用によるCO2削減に効果

 矢崎総業株式会社(社長:矢崎信二、資本金:31億9,150万円、本社:東京都港区)では、施設園芸ハウスの暖房用機器として、木質ペレットを燃料とする「矢崎・木質ペレット焚(だき)ハウス用温風機AH−AP10シリーズ」を開発し、11月22日より発売します。
 「AH−AP10」標準プラントシステム(本体、ペレットタンク、搬送機、遠隔監視)の標準価格は330万円(消費税別)。JA、農機具・施設園芸ハウス商社、エネルギー事業者などを通じてビジネスモデルを構築しながら、初年度20台のパイロット販売を目指します。

 施設園芸ハウスの暖房用燃料は一般的に石油等を使用するケースが多く、昨今の原油価格の高騰で、施設園芸農家は経営圧迫されつつあります。特にトマトやピーマン、バラといった栽培温度の高い作物を生産している施設園芸農家では、消費する石油量も多く、燃料費の高騰に苦しんでいます。
 一方、地球温暖化対策の観点から、CO2排出量の削減は喫緊の課題であり、ハウス栽培を行う施設園芸農家においても、対応が求められています。

 今回発売する「木質ペレット焚(だき)ハウス用温風機AH−AP10」は、石油等の替わりに木質ペレットを使用し、森林再生とカーボンニュートラルエネルギー(木質ペレット)による森林吸収やCO2排出量削減を実現します。
 当社の試算によると、A重油焚と比較した場合、木質ペレット焚(だき)では年間 12万1千円の燃料費が削減でき、CO2削減量は約32ton−CO2になります。
 (条件:A重油80円/L、木質ペレット30円/kg、全負荷運転時間955時間)

  • ※木質ペレット…間伐材や製材端材を破砕・乾燥させて、圧縮した小型固形燃料です。
  • ※カーボンニュートラル…木はもともと自然界のCO2を吸収・固定して成長したもので、燃焼によって大気中に放出されてもそれはCO2排出量としてカウントされません。

【開発の背景】

○当社の環境ビジネスへの取り組み
  当社は、2005年より高知県梼原町(ゆすはらちょう)で「木質バイオマス地域循環 利用モデル事業」に取り組んでおり、その一環として「木質ペレット」を燃料とする新型空調システム「木質ペレット焚(だき)バイオアロエース」を世界で初めて開発し、2008年3月から販売を開始しました。
  水が蒸発する時に周囲の熱を奪う「吸収冷温水機」で空調を行う仕組みは従来のガス・石油焚(だき)アロエースと同様ですが、熱源として木質ペレットを使用するのは世界初の試みでした。
  これに続き、今回は農林業連携モデルを目的として施設園芸用ハウス用の暖房として「木質ペレット焚(だき)ハウス用温風機AH−AP10」を開発したものです。

【販売方法と木質ペレットの安定供給体制について】

 「木質ペレット焚(だき)ハウス用温風機AH−AP10」の普及を図るには、木質ペレットの安定供給の構築が不可欠です。
 木質ペレットは基本的に地産地消で、地域の森林から伐採した間伐材などの森林未利用材を使って木質ペレットを製造し、その地域で消費するのが理想的です。
 そのため当社では、地元の木質ペレット生産事業者(現在約20ヶ所)の木質ペレットを実測燃焼試験し、パートナーシップ締結により、その周辺エリアでの普及活動を展開します。
 これが「木質バイオマス地域循環モデル事業」のあり方で、当社は地元の県、自治体、森林組合、環境先進企業、木質ペレット生産事業者と一緒になったハウス施設ユーザーに安定供給する仕組みづくりに取り組みます。

【「木質バイオマス地域循環モデル事業」に対する当社の思い】

 木質ペレットによって、これまで未利用のまま山に放置されていた間伐材などの森林資源を有効活用することは、 地元に新たな雇用を創出すると共に森林再生に貢献します。森林が再生されれば保水力も高まり川や海も豊かになり、そこに暮らす人々も元気にな ります。
 当社の最初の取り組みは、高知県梼原町(ゆすはらちょう)での「木質バイオマス地域 循環利用モデル事業」でしたが、ここで得られたノウハウを全国展開することで、林業と農業の繋がりによる低炭素社会の実現に貢献し、併せて地域社会の活性化に貢献したいと考えています。
 「木質ペレット焚(だき)ハウス用温風機AH−AP10」は、この地域循環を推進するひとつの核となる製品です。


【製品の特長】
  • 1.空調で培った高度な技術で開発したハウス用温風機
  • ・「負荷モード燃焼制御」による高精度温度制御。
  • ・4段サーモの標準装備により、細やかな温度設定が可能。
  • 2.小型化設計により、従来機からの入替も比較的容易
  • ・設置面積を重油焚の約1.2倍に抑えた小型設計。
  • ・高さを抑えた設計により、比較的低いハウス施設でも設置可能。
  • ・ハウス施設へは、送風ファン部分を分離して搬入も可能。
  • 3.日常の管理、手入れ、メンテナンスを省力化
  • ・直接灰出し処理により、作業の簡素化を実現。
  • ・灰出し時、灰の飛散を少なくする「灰出しモード」を装備。
  • ・遠隔監視システムにより、木質ペレット残量や灰出し時期、ハウス内温度異常等もユーザーの携帯電話等へメール通知。
  • ・煙突等の内部清掃は年1回。
  • ・定期点検はシーズンインだけで可能。

【製品の仕様】
最大熱出力 116kW(100,000kcal/h)
効率 87%
燃料消費量 29.5kg/h(LHV 3,900kcal/kgの場合)
出力制御 High-Low-Off 負荷モード燃焼制御
着火方式 電気ヒータ
風量 50Hz 165m3/min
60Hz 190m3/min
電気仕様 3相 200V 50Hz/60Hz
消費電力 50Hz 定格時:1.5kW  着火時:3.5kW
60Hz 定格時:2.1kW  着火時:4.0kW
外形寸法 全長 2,940mm
全幅 1,050mm
全高 1,890mm
分割搬入時 全高 1,520mm (他は外形寸法と同じ)
本体質量 780kg

【本体外観写真】

本体外観写真


【設置イメージ】

設置イメージ


この件に関するお問い合わせ先
矢崎総業株式会社 広報部
【電 話】 055-965-3002  【FAX】 055-965-0450
製品の仕様等についてのお問い合わせ先
矢崎総業株式会社 環境システム事業部
【電 話】 053-426-3815  【FAX】 053-426-3885