新着情報

トップページ > 新着情報一覧 > 新着情報詳細

新着情報詳細

2010年8月26日
矢崎総業株式会社

電線製造時のロスPVCを材料の一部に再利用した導電性床材
「エースミック」2製品がエコマークを取得
導電性床材では業界初。当社ではLPガス警報器に続き2例目

矢崎総業株式会社(社長:矢崎信二、資本金:31億9,150万円、本社:東京都港区)は、子会社の矢崎電線株式会社(社長:矢崎信二、本社:東京都港区)が財団法人日本環境協会からエコマークを取得した導電性床材「エースミック」2製品を、9月1日より発売します。

今回エコマークを取得した導電性床材は、「導電性タイル エースミックSCT」と「導電性シート エースミックSAS」の2製品で、導電性床材としては業界初の取得になります。
エコマークの取得には、「再生プラスチックの使用量が15%以上であること」、「ライフサイクルが長いこと(平均20年以上)」または「リサイクルの仕組みが整っていること」、さらに「カドミウム、鉛、六価クロム、水銀、ヒ素、セレンを含有しないこと」が規定されています(エコマーク商品類型型No.123「建築製品(内装工事関係資材)Version2.5」認定基準書による)。
この2製品は、ライフサイクルだけではなく、リサイクルの仕組みについても体制を整えると共に、RoHS指令に指定された有害物質についても管理を行い、より環境にやさしい製品であることが評価されました。
同製品は、当社の電線工場で発生するポリ塩化ビニルのロスを材料の一部として再利用しており、その使用率は、「導電性タイルエースミックSCT」で約40%、「導電性シート エースミックSAS」で約20%です。その結果、ロス材を再利用することによるCO2排出量削減効果は、再利用をしていない従来品と比較して「導電性タイル エースミックSCT」で42%、「導電性シート エースミックSAS」で18%になっています。

導電性床材は、半導体の実装ラインやクリーンルーム等の静電気や防塵対策が必要な設備で使用されており、半導体メーカーなどでの設備投資の回復により市場が拡大すると期待されます。
また、国の機関や地方公共団体等が推進している「グリーン調達」では、エコマークが購入品選定の大きな目安になっていることから、これを機に公共機関や環境に関心の高いメーカー等への拡販を積極的に行います。

当社は、環境保全の一環として低炭素型製品の開発に取り組んでいます。
当社製品のエコマーク取得は、新型LPガス警報器「アロッ子」(2010年1月発売)に次いで2例目です。


【導電性タイル エースミックSCTの製品特長】
  • 1.抵抗値 1×105Ω
  • 2.導電性繊維練り込みタイプのため、静電気除去効果は確実で、かつ半永久的です。
  • 3.導電性は、温度や湿度、使用時間による変化がなく、劣化もありません。
  • 4.労安研指針およびNFPA規格をクリアします。
  • 5.水洗い、ワックスがけが可能です。
  • 6.色は、ライトグリーン、ライトグレー、ホワイトグレー、ベージュの4色です。

【導電性シート エースミックSASの製品特長】
  • 1.抵抗値 5×106Ω
  • 2.特殊導電配合剤により、電気性能を長期間保持することが出来ます。
  • 3.SCタイプに比べ、コストパフォーマンスに優れます。
  • 4.水洗い、ワックスがけが可能です。
  • 5.色は、グリーン、ライトグリーン、ベージュの3色です。

【エコマーク】
エコマーク商品認定番号 第10 123 012号
エコマーク商品類型型名 No.123 建築製品(内装工事関係用資材)
エコマーク商品ブランド名 エースミック
認定取得日 2010年6月25日

財団法人日本環境協会
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
エコマーク事務局 TEL:03-5643-6253  http://www.ecomark.jp/

  • ※「エコマーク」は、環境ラベルの中でも「タイプT」に位置付けられるもので、環境への負荷が少なく環境保全に役立つと認められた製品に付けられるラベルです。
  • ※「環境にやさしい暮らし」を願う人たちが、製品を選択しやすくなるように設けられました。
  • ※ビニル系床材の認定基準は、次の通りです。
    (1)再生プラスチックの使用量が15%以上であること
    (2)20年以上の使用が認められる製品であること
    (3)リサイクルの仕組みが整備されていること
    (4)水銀やカドミウム、鉛、六価クロムなど、定められた成分を添加していないこと
    (5)製造工場が環境法規等を順守していること

【参考/当社電線部門の環境対応】

当社電線部門では、環境対応の一環としてこれまでビニルを使用した電線・ケーブルの全面的な鉛フリー化を業界に先駆けて実施しました。
また、環境配慮型ノンハロゲン電線やアース付VVF『エフアース』の販売、エコリーフ環境ラベルの取得なども進めています。
さらに、2010年5月には、電力ロスの少ない太物ケーブルの使い勝手を向上させた「『柔らかい』600V-CVT」を発売しました。
社団法人日本電線工業会では、日本中の需要家がCVTケーブルの導体サイズを現在の2倍にすれば、日本の総CO2排出量の約1%を削減できると試算(※1)しており、当社では太物ケーブルの普及を通して環境保全に貢献して行きたいと考えています。

※1.試算計算式…33%(発電によるCO2排出量)×3.5%(導体サイズ2倍による通電ロス低減効果)≒1% (出典:社団法人日本電線工業会)


【製品写真】

「導電性タイル エースミックSCT」(写真下部のタイル状製品)と「導電性シート エースミックSAS」(写真上部のシート状製品)

製品写真
この件に関するお問い合わせ先
矢崎総業株式会社 広報部
【電 話】 055-965-3002  【FAX】 055-965-0450
〒410-1194 静岡県裾野市御宿1500 Y-CITY ワールドヘッドクォーターズ
商品に関するお問い合わせ先
矢崎総業株式会社 電線本部営業統括部販売推進部
【電 話】 055-924-0043  【FAX】 055-923-6495
〒410−8511 静岡県沼津市大岡2771