⾒守りシステム
⾃動運転レベル4以降のライドシェアカーの乗客の挙動をカメラで解析することで、乗客に安⼼・安全を、さらに運⾏管理者に負担軽減を提供する「⾒守りシステム」を提案します。
Features
  • MaaS専⽤⾞で必要となるHMI (Human Machine Interface)を提案
  • AIを使⽤した、⼈と物を結び付けた判断処理
    • 入力、処理、出力を車内で自動的に実施して、見守りサービスを提供
    • 深層学習・機械学習・ルールベースの適切な使い分けで、状況を判断
  • 乗客が受け⼊れ易いような、煩わしさのない情報伝達
Detail

忘れ物、寝過ごし、転倒といった⾞内で起こりえるトラブルを防⽌するために、⼈の⾏動と物体の認識、それらを結び付けた状況判断をAIにより⾏い、乗客に煩わしさを感じさせないような情報伝達を⾃動で⾏うことにより、乗務員に代わって乗客を⾒守もるサービスを提供します。また、必要な場合のみ管理センターに通知しオペレータが対応することにより、オペレータが全ての⾞両を随時監視しなくても、異常な場合のみ対応することができ、運⾏管理者の負担を軽減することが可能になります。