NO.02

大庭さん

牧之原工場 生産技術部 治具開発チーム

入社の決め手
これまでの経験を生かせる職場であり、
だれにでもスキルアップのチャンスがあると感じた

家族のために転職を決意!
前職の経験も生かせるクリーンな職場を検討

工業高校の電気科を卒業して、電気工事会社に就職しました。建設現場で電気工事の施工管理業務を担当していました。拘束時間が長く、収入面のことや家族のことも考えて、10年目を節目に転職を考えはじめました。転職活動を進める中で矢崎の生産技術部で募集していることを知りました。

静岡県の人なら誰でも知っている有名な会社ということもあり、良いイメージを持っていました。仕事で矢崎の電線を使っていたことや、生産ラインの設備工事などで矢崎の現場に関わったこともあり、これまでの経験が生かせると考え、応募しました。

日々品質向上とコストを自ら意識して仕事に取り組めば、必ず結果につながる

私が所属する生産技術部はワイヤーハーネス(自動車用組電線 以下W/H)を製造しており、その生産ラインで使われる「治具」を開発するチームに所属しています。治具とは、W/Hを作る作業者が正しい製品を作る手助けをする作業台のようなものです。W/Hの品質を標準化し、作業者の勘や経験によらずに経験の浅い作業者にもW/Hの組立作業を効率よく正確に行える治具が理想とされています。

組立作業には秒単位のスピードと正確さが要求されるため、その作業性を左右する治具に対する要求はとても厳しく、最初はとても戸惑いました。
入社後約1年半経ちましたが、経験を積むにつれて作業性と品質の両方を考慮する本当の難しさが分かるようになった反面、製品の種類も豊富にあるため、まだまだ覚えることがたくさんあります。お客さまから求められる製品の品質向上とコストを意識した業務の遂行を心掛け、自分が考えた治具がその通りに出来上がり、製造現場で実際にW/Hの生産に使われているのを確認できたときには大きなやりがいを感じます。

ワークライフバランスとスキルアップの実現を後押しする制度が充実

入社前の矢崎に対するイメージは、W/Hで世界トップクラスのシェアを誇るものづくりの大企業というものでした。実際に入ってみると、農業や環境など幅広い分野で日本中に雇用を生んでいることを知って驚き感銘を受けました。 入社して、充実した福利厚生制度にも大変感謝しています。

前職は休日も勤務時間も不定期でしたが、現在は週休2日。妻や2人の子どもとの時間も増え、とても喜んでいます。収入面でも手当や補助が充実していて助かっています。 私は建設業界からの転職で畑違いでしたが、異業種だからこそ持っているスキルや価値観を活かせる場合もあります。電気工事の図面でCADを使っていた経験や、電気の知識、工事現場で様々な工事業者に揉まれた経験も役に立っています。まだ慣れない仕事で迷うこともありますが、入社後の教育制度も充実しており、スキルアップのチャンスがたくさんあります。私は今後、3DやCADを使った設計業務にも挑戦していきたいと考えています。

これまでの経験を生かせる職場でスキルアップのチャンスを掴む