企業概要

トップページ > 企業概要 > 社長挨拶

社長挨拶

「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」の実現に向けて

矢崎グループは、1941年の創業以来、「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」という社是のもと、モノづくりを通じて社会に貢献したい、という一貫した想いで事業活動を続けてきました。

現在の厳しい経営環境にあっても、さまざまなお客様やお取引先からお声をかけていただけるのは、単に業績のみならず私たちの仕事に対する理念や姿勢も含めて評価をいただいているためと考えています。今後も「モノづくりの会社」として皆様からのご期待にお応えすべく努力を続けていきます。

矢崎グループは、ワイヤーハーネスを中心とした自動車部品のみならず、空調機器、太陽熱利用機器、ガス機器、家庭用電気配線ユニットなど、人々の暮らしに密着したさまざまな製品を扱っています。

これらに共通するのは、限りある地球資源を有効活用する製品であることです。環境保全への意識が世界的に高まる現在、これまで以上に地球環境との共存共生を視野に入れながら、社是に基づいた事業活動を続けて参りたいと存じます。

矢崎総業株式会社 代表取締役社長 矢ア信二